bizvektor(ビズベクトル)の後継版といってイイんだろうか?

BizVektor Global Editionは公式テーマとして登録されていましたが、Lightningも、もうすぐ公式テーマに登録されるようです。

(現在は、GitHubからしかダウンロードできません)

cap-016

デザイン的には、bizvektorのrebuildに近いですが、機能的には大部分がプラグインに分離されています。

CSSフレームワークの定番「Bootstrap」を採用していますが、それ以外は一言で、”どシンプル”なテーマです。

テーマLightningをインストしただけだと、テーマオプションで基本設定を変更できるだけ。

あとは、bizvektorと違い、フッターウィジェットが3分割されているぐらい。

cap-018 cap-024

多機能統合型プラグイン「VK All in One Expansion Unit」は必須と考えておいていいですね。

ただし、このプラグインを導入しても、BizVektor固有の装飾指定や、お問い合わせボタンや電話番号の表示は出来ません。

公式サイトでは「まだ移植できていない」という表現なので、今後追加されるのかもしれませんね。

cap-017

 

で、このプラグインで何が出来るかというと、

  • レスポンシブフレームワーク Bootstrap の機能を追加
  • Font Awesome のウェブフォントアイコンを利用可能に
  • ファビコンの設定
  • meta description タグを出力
  • meta keyword タグを出力
  • 検索エンジンに適したタイトルタグに書き換え
  • SNS(ソーシャルメディア)と連携
    OG タグを html head 内へ出力
    デフォルトの OGP イメージを設定
    Twitter カードタグを html head 内へ出力
    Facebookページプラグインを表示
    ソーシャルブックマークを表示
    Follow me box を記事コンテンツ下のエリアへ表示
  • Google アナリティクスの設定
  • 関連記事を表示
  • ウィジェットを追加
    最新記事タイトルのリンクテキストと日付を表示
    固定ページのコンテンツ部分をウィジェットに
    ウィジェットに入力されたプロフィールを表示
    Facebook ページプラグインを表示
    3PR エリアを表示
    カテゴリ・タグまたは、フォーマットリストを表示
    アーカイブの一覧を表示(月または年。ポストタイプの選択可)
  • CSSカスタマイザー追加
  • アイキャッチ画像を投稿記事本文の最初へ自動的に表示
  • 表示中固定ページの子ページを一覧で表示します

と、ほぼbizvektorそのままの機能です。

各機能は、個別に停止&有効化できるので、必要なものだけONすることも出来ます。

cap-020

ということは、、、「レスポンシブフレームワーク Bootstrap の機能を追加」のみbizvektorで。。。がベストな選択??

 

 

Lightning+VK All in One Expansion Unitの登場で、今後のbizvektorがどういう方向に進むのか。

Lightningに集約して、スキンは全てプラグイン化するのかな?

ただ、現在bizvektorを使っていると、それじゃ困る^^;

差別化しつつLightningとbizvektorを両立して、機能面はプラグインで1本化ぐらいかな?

社名をテーマ名にしてるんだから、消滅することはないですよね?ベクトルさん?

個人的には、まだbizvektorを使いますが、今後、このLightningが、どう成長していくのか楽しみです^^