管理者と編集者はおいといて、よく使うんだけど、微妙なのが「投稿者」と「寄稿者」

ざくっと説明するなら、

投稿者:投稿記事の公開ができる。画像のアップロードができる。

寄稿者:投稿記事の公開はできない(承認が必要)。レビュー待ちになる。

     画像のアップロードができない。

で、どちらも他人の記事を閲覧できるけど、編集・削除は自分の記事しかできない。

ついでに、編集者は管理者から設定がらみの権限(プラグインとかテーマとか)をなくした感じ。

WPのメニューで言うと、投稿~コメントまでの上部メニューだけってところ。

(詳しくは、 ユーザーの種類と権限 – WordPress Codex 日本語版

クライアントには「投稿者」権限で納品するパターンが一番多い。

固定ページを編集することなんかほとんど無いからね。

固定ページを追加編集するクライアントの場合は、「編集者」で。

で、話は戻って、じゃ「寄稿者」って使うケースがあるの???

あるけど、「寄稿者」のままじゃ不便だったりするんだな。

そんなのもひっくるめて、ユーザー権限をカスタムするプラグイン

User Role Editor

「新規ロールの追加」で標準の権限以外に新たな権限をつくれてしまう。

かなり自由にコントロールできるので、「管理者」「編集者」「投稿者」「寄稿者」「購読者」と微妙に違う権限が欲しい時には重宝するよ。