私なりの、パスワードの決め方と記憶する方法です。

結構、使えると思うので、みなさんも自己流にアレンジして使ってください^^

 

wordpressに限らず、ログインIDとペアのパスワード。

みなさん使いまわしてないですか?

たとえ、登録しているのが一流企業でも、安心できないのは、おわかりですよね?

”(有名企業)で個人情報漏えい”とか、”アカウント情報流出”とかニュースが流れてます。

大手企業なら、かなり慎重なセキュリティ対策をしているはずですが、ても、起こってしまうんです。

そんなにセキュリティがしっかりしていないトコロの情報は、ダダ漏れかも!?^^;

悪党どもは、そうして不正入手したIDとパスワードを使って、例えばgoogleやyahooでログインしてみるんですよ?

カード会社のアカウントや、ネットバンクにログインするかも。

その結果、どういうことになるのか、書く必要はないですね。

パスワードの使いまわしは、ダメですよ!

 

それから、使いまわしはしてないけど、パスワード生成・管理ソフトとか、エクセルとか使ってパソコンやサーバーに保存してるという人。いないですか?

携帯・スマホのメモに、なんて人もいるかな?

ネットに接続されている環境に、そんなもの置いちゃダメです。信用しちゃダメですw

キングジムの「ミルパス」なんてのもありますけどねぇ・・・

電話番号すら覚えなくなった時代なので、ちょっと頭を使った方がw

そもそも、「破られないパスワード」=「覚えられないパスワード」ってパスワード??

自分がパスワードミスって、あるいは思い出せなくて、アカウントにロックかけてしまうなんて本末転倒。

自分が仕掛けた罠に自分でかかってるようなものw

一番信用できるのは、自分の頭の中!

でも、登録するサイト毎にパスワード変えてたら、10数文字のパスワードを何十個とか覚えてられない!!

当然です。無理ですw

そこで、私のパスワード作成・管理方法を伝授しましょう (≧∇≦)b

 

パスワードを覚える必要なし!ルールを覚えるだけ!!

 ズバリ、基本となるのは”みかか変換”!!!

”みかか変換”って何?という人は、キーボードで「N」「T」「T」の右下にあるひらがなをよく見てみましょう。

「み」「か」「か」でしょ^^

キーボード上で、[アルファベット]=[ひらがな]に読み替えるのを”みかか変換”と言います。

(その昔、流行ったんだけど、今も生息してるだろうか。。。)

これが日本人には大いに使えるんです。

では、実際にやりながら、説明しましょう^^

手順.1 まずは、自分の名前をミカカ変換

パターン1:英数字+記号が使える

パターン2:英数字しか使えない

の2パターン作成します。

※理由は、「濁点」「ほ」「へ」「れ」「け」「む」「ね」「る」「め」「ろ」に対応する文字が記号になってしまうため。

たとえば、名前が「鈴木一郎」なら

パターン1:英数字+記号OK

すずきいちろう = rr@gea\4 (すす゛きいちろう)

となり、8文字作成できます。

パターン2:英数字のみ

私の場合、そういう時は、記号は消してしまいます。なので、

すずきいちろう = rrgea4 (すすきいちう)

となって、6文字。

 

一般的には、まだ文字数が足りないですよね?

それに、全部この名前をミカカ変換したパスワード使うなら、使いまわしNGルールで赤点くらいますw

なので、

手順.2 登録するサイト名、会社名などわかりやすいものを付け加える。

例えば、yahooの場合なら、

「yahoo」を付け加えるんじゃないですよ!( ̄× ̄)b゙NG!!

ここでも、”みかか”します!

「やふー」を付け加えるんですw

ただし、この手順2では、簡単にするために英数字のみに変換します。(記号になる文字は省略します)

だから、

やふー = 72 (やふ)

おっと(・・;)

ちょっと文字数が少なすぎますね。もう少し文字数を稼ぎたいので、

「やふーじゃぱん」にしてみましょう。

やふーじゃぱん = 72d7fy (やふしやはん)

6文字になりました^^

手順.3 では、合体!!

手順1,2で作成した文字をつなぎ合せます。

ルールは「名前が前」、「名前が後ろ」など、覚えやすいルールを決めましょう。

ここでは、「名前が後ろ」英数字のみパターンでやってみます。

yahooのパスワード = やふーじゃぱん+すずきいちろう = 72d7fyrrgea4

となり12文字の英数字パスワードが出来あがります。

手順.4 さらにアレンジ

手順.3では簡単なルールでパスワードを作成しましたが、

例えば、記号がOKなら、名前の前に「+(プラス)」を付け加えるとか、英数字のみなら数字を付け加えるとか、覚えられる独自ルールを編み出しましょう。

家族の名前、子供の名前を使うなどなど、いくらでも簡単な独自ルールは作れます^^

 

ここまでやれば、標準的なパスワード文字数はクリアしつつ、使いまわしNGルールを避けたパスワードが出来ると思います。

出来るだけ、記号を織り交ぜた方がいいんですが、いまだに記号NGのところもあるし、記号がOKでも種類が限られているところもあるので、英数字のみルールと、英数字+簡単な記号(@#&+*など)のルールの2種類作っておけば、ほとんど対応できると思いいます。

仮に、このルールをPCやスマホにメモしていても、誰かに見られてパスワードが破られる可能性は、かなり低くなります。

もちろん、私のパスワードルールは、ココで紹介したパターンじゃないので、どこかで試しても無駄ですよw

 

おまけ

「パスワードを破るまでにかかる時間」=パスワードの強度を測定してくれるサイトがあります。

みなさんのPCの頭脳、CPUでおなじみIntelが公開している How Strong is Your Password?

hwyp

先ほど作成した、yahooのパスワードを入力してみました。

パスワードを入力して、[GRADE MY PASSWORD]をクリックすると。。。

hwyp-ans

6年 (^○^)v

嘘かホントかは保証無しですが、目安としてお使いください。