前からEC-CUBEに興味はあったものの、なんとなーく延び延びに。

というのは、wordpressと連携できるWpPostというプラグインがる。

wordpressでショップ構築するのがラクになるんじゃなかろうかと、目論んでたわけさ。

で、サーバーにいきなり突っ込むのもやだったんで、webmatrixでやっちまおうと。

ただねー、WebmatrixでインストールできるEC-CUBEも現在、英語版(多言語版)しかないよ。

テストだけだから無問題じゃ、とインストールはさくっと終了。

多言語版だから、どこぞで日本語に変更できるだろうと思ったけど、それらしきところが見つからない。

迷いながらファイルをのぞくと、ja.po、ja.moは入ってる。

ってことは、変更できるよね?

設定一覧らしきところの、en_USをja_JPに変更してみると。。。文字化けっ

「はぁ、いいや別に、英語で」と、あっちこっち探検&wordpressと連携させてみる。

うーーーーーむ。

結論からいうと、welcart使った方が断然ハンドリングがいいと思う。

wordpressと同じくオープンソースのソフトとして期待してたけれど、まだまだ発展途上という印象。

 ファイル構造も、わかりにくい気がする。

ec-cube単体でもテンプレートが結構なお値段するし(フリーのテンプレートってないのね)、プラグインも有料が多い。

最終的には、そこそこ投資しないと、お望みのサイトデザインはできないかも。

「おちゃのこネット」だとか「カラーミー」を使った方が、トータル安くすむんじゃなかろうか。

改めて、wordpressはなんと優秀なソフトなんだろうと思ったね。

ソフト自体もだけど、オープンの仕方がいいんだろうな。wordpressは。